よくある質問

HOME記事12月の便り(平成29年)

12月の便り(平成29年)

紅葉の季節が終わり、村内の宿泊施設も最盛期が過ぎ、この時期、滞在されるお客様はのんびりと温泉に入り、美味な「栄村」の漬け物で心ゆくまで食事もできます。今月も「栄村」ホームページをご覧いただきありがとうございます。

本村にも先月、初雪が降りました。スキー場には待望の銀世界の到来です。

11月に仕込んだ野沢菜漬けが浅漬かりで、これがまたたまりません。他にも白菜漬けやたくあん漬け、ウリの粕漬けなども冬を迎える栄村ならではの味です。

行政においては、平成30年度当初予算が各担当職員によって積算され、今月18日までに担当係長査定、続いて担当課長査定が行われ、新年に入ると理事者査定が行われ、村の新年度事業の骨格が作られます。各集落や各団体からの要望には、村の財政規模をみながら数年かかるものも出てきますが、村の将来を安定化させるよう調整いたします。

今月は定例会議の開会月です。12月5日(火)から8日(金)まで、一般質問は6日(水)と7日(木)を予定しています。小さな村の「議会傍聴」等は、いかがですか?また、違う方向から「栄村」を見ることが出来ます。

さて、山路智恵さんの絵手紙展の開催が、「JR森宮野原駅2階」や道の駅「物産館またたび」で計画されており、紅葉の後の見どころもたくさんあります。

カメラマンの方には、水墨画の世界に粉雪舞うJRローカル線の瞬間写真も・・・小さな村ならではの芸術作品作成にも挑戦できます。村に作品を寄贈していただければ、村内の各施設等に半年間、飾らせていただきます。遠慮なく、私、森川まJR飯山線で送ってください。

先月下旬には、熊本県と東京都に出張していて、すっかり喉をやられて帰ってきました。やっぱり適度の湿度のあるわが栄村の空気はうまいし、私の健康にとっても最適です。今月も皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

 

 

栄村長 森川浩市

 

カテゴリー

ページトップへ