よくある質問

HOME観光・文化ジオパークようこそ!ジオパークツアーへ/ジオサイト50/長瀬新田遺跡

ようこそ!ジオパークツアーへ/ジオサイト50/長瀬新田遺跡

ようこそ!苗場山麓ジオパーク

ジオサイトとは、地質、地形、歴史などそのジオパークを特色づける見学場所や拠点となる博物館のことです。例えば、地形の景観、岩石や化石が見られる崖、歴史建造物、植物の群生地などです。2014年(平成26年)12月22日に津南町・栄村にまたがる苗場山麓一帯が「日本ジオパーク」として認定されました。

ジオサイト巡りをしてみましょう。見たことないような珍しいジオサイトがいっぱいですよ。

ジオサイトの紹介
ジオサイト NO.50 長瀬新田遺跡
種別 文化
所在地 長野県下水内郡栄村長瀬新田 北緯/36:57:15.403513 東経/138:34:33.325930
アクセス 栄村役場から車で約25分 見学不可見学はできませんが、実物を拡大造形したモニュメントが「道の駅・信越さかえ」で見学できます。
トイレのイラスト 駐車場のイラスト 連絡先
栄村教育委員会
生涯学習係
TEL 0269-87-2100
長瀬新田遺跡は、志久見川左岸、標高約520mの朴ノ木坂段丘面相当に位置する縄文時代の遺跡です。本遺跡からは、約5,000年前の火焔型土器が出土しており、当時の集落が形成されていたと考えられます。さらに、この資料は、津南町の縄文時代の遺跡や文化、当時の人々との繋がりがあった事を示しています。
火焔型土器は、新潟県内の信濃川沿岸に分布する縄文土器で、その分布の南端が津南町と言われてきました。しかし、この長瀬新田遺跡出土の発見は、その分布域が志久見川を越えることを示したものです。

火焔型土器の写真

火焔型土器のモニュメントの写真
道の駅・信越さかえに設置されているモニュメント

マップ ジオサイト NO.50 <現地案内図>

ジオパーク近隣地図

カテゴリー

お問い合わせ

教育委員会

生涯学習係

電話:
0269-87-2100

ページトップへ