よくある質問

HOME観光・文化ジオパークようこそ!ジオパークツアーへ/ジオサイト01/河岸段丘

ようこそ!ジオパークツアーへ/ジオサイト01/河岸段丘

ようこそ!苗場山麓ジオパーク

ジオサイトとは、地質、地形、歴史などそのジオパークを特色づける見学場所や拠点となる博物館のことです。例えば、地形の景観、岩石や化石が見られる崖、歴史建造物、植物の群生地などです。2014年(平成26年)12月22日に津南町・栄村にまたがる苗場山麓一帯が「日本ジオパーク」として認定されました。

ジオサイト巡りをしてみましょう。見たことないような珍しいジオサイトがいっぱいですよ。

ジオサイトの紹介
ジオサイト NO.1 河岸段丘(かがんだんきゅう)(マウンテンパーク津南からの眺望)
種別 地質
所在地 新潟県中魚沼郡津南町上野 北緯/37:01:49.270825 東経/138:36:40.033352
アクセス 津南町役場より車で約20分
※冬期は展望台が閉鎖されるため、ロッジ前からのみ眺望可能です。
トイレのイラスト 駐車場のイラスト 連絡先
津南町観光協会
TEL 025-765-5585
マウンテンパーク津南
TEL 025-765-2040
中津川によって、約43万年前から形成され、何段もの階段状の地形が残されている日本有数の河岸段丘です。40数万年前の古い時代の扇状地が段丘面として見ることができるのも特徴です。段丘面に苗場山の溶岩が流れ出た後、隆起活動や地球規模の気象変動である氷河期と間氷期による中津川に流れる水の量によって浸食と堆積が繰り返された結果、何段にも大別される河岸段丘が形成されました。信濃川の川底から最上面までの高度差は約450mあり、古い段丘から谷上(たにあげ)面・米原(まいばら)1面・米原2面・卯ノ木(うのき)面・朴ノ木坂(ほおのきざか)面・貝坂(かいざか)面・正面(しょうめん)面・本ノ木(もとのき)面・大割野(おおわりの)1面・大割野2面と形成されたとされます。各段丘に降り積もった火山灰の分析によって段丘の形成時期を考えることができます。
これらの段丘各面の大きさや崖線高などには違いがあり、段丘面形成後の中津川による浸食活動が大きく関与しています(下図参照)。

河岸段丘(マウンテンパーク津南からの眺望)
秋の河岸段丘

河岸段丘(マウンテンパーク津南からの眺望)
冬の河岸段丘

河岸段丘の成り立ち、作られた年代と環境変化との関係の図

ジオサイトNO.1<現地案内図>

ジオパーク近隣地図

カテゴリー

お問い合わせ

教育委員会

生涯学習係

電話:
0269-87-2100

ページトップへ