よくある質問

HOMEお知らせ土地・家屋に異動があった場合は届出が必要です

土地・家屋に異動があった場合は届出が必要です

固定資産税を適正に課税するため、所有されている土地・家屋に異動があった場合には次のとおり届出・申請をお願いします。

【家屋】

届出が必要な場合 届出書類 備 考
新築(増築)するとき 家屋の届出書

届出後に家屋調査を行います。家屋調査は固定資産税の基となる評価額を算出するためのものです。現地及び建築図面を参考に調査を行います。

取り壊したとき 家屋の届出書 届出後現地の確認を行います。※滅失登記をされる場合は届出不要です。
未登記家屋を所有権移転したとき 未登記家屋所有者変更届 法務局の建物登記簿に登記されていない家屋の所有者が変更となった場合にご提出ください。

【土地】

届出が必要な場合 届出書類 備 考
課税地目と現況の地目とが一致していない場合 土地現況調査申請書 申請に基づき現地の確認を行います。

※課税地目は納税通知書に同封されている課税明細書の現況地目欄で確認することができます。

 

固定資産税の基準日は1月1日です。登記や届出等が遅れた場合は、旧地目・所有者で課税されますのでお早目に手続きをお願いします。

カテゴリー

お問い合わせ

総務課

税務係

電話:
0269-87-3112

ページトップへ