よくある質問

HOME観光・文化ジオパークようこそ!ジオパークツアーへ/ジオサイト53/阿部家(長野県宝)

ようこそ!ジオパークツアーへ/ジオサイト53/阿部家(長野県宝)

ようこそ!苗場山麓ジオパーク

ジオサイトとは、地質、地形、歴史などそのジオパークを特色づける見学場所や拠点となる博物館のことです。例えば、地形の景観、岩石や化石が見られる崖、歴史建造物、植物の群生地などです。

2014年(平成26年)12月22日に津南町・栄村にまたがる苗場山麓一帯が「日本ジオパーク」として認定されました。栄村では、ジオパークのPR、観光での活用などを目的に商工観光課観光係で普及啓発を行っています。

ジオサイト巡りをしてみましょう。見たことないような珍しいジオサイトがいっぱいですよ。

ジオサイトの紹介
ジオサイト NO.53 阿部家(長野県宝)
種別 文化
所在地 長野県下水内郡栄村大久保 北緯/36:56:53.681107 東経/138:34:46.675414
アクセス 栄村役場から車で20分
トイレのイラスト 駐車場のイラスト 連絡先
栄村教育委員会
生涯学習係
TEL 0269-87-2100
多雪地帯特有の中門造りの萱葺き民家で、長野県宝(指定文化財)になっています。現在も家主が住まわれており、希望により見学が可能です。
阿部家住宅は、母屋がL字型に突き出した「中門」に馬屋と便所を設け、中門の先端に主要出入口を設けている点に間取り上の特色があります。
「中門造り」の民家は、日本海沿いの多雪地帯に発達した民家形式であり、長野県下では栄村を中心に分布します。この阿部家住宅は「中門造り」民家の代表的なものであり、茅葺きの屋根、土間住まい形式など、素朴な民家形式の特色もよく保存されています。また、この住宅はその様式から1750~1770年ころにかけて造られたものと推定され、この地域で最も古い時期に属します。建築意匠的にみても、外観は「中門造り」の草葺き屋根の形式を保存しており、内部には太い柱が数本立って重い積雪に耐える工夫がされるなど、地方的特色が顕著です。(下・平面図参照)

阿部家(長野県宝)

阿部家住宅平面図

ジオサイト NO.53 <現地案内図>

ジオパーク近隣地図

カテゴリー

地図

お問い合わせ

教育委員会

生涯学習係

電話:
0269-87-2100

ページトップへ