よくある質問

HOME記事⑭「子は親の鏡」(H29.7.26)

⑭「子は親の鏡」(H29.7.26)

  しばらく、「思いやり」をテーマとして取り上げていますが、今回は、PHP研究所発行「子どもが育つ魔法の言葉」に掲載されていた詩『子は親の鏡』を紹介します。

 

  “誉めてあげれば、子どもは明るい子に育つ。 愛してあげれば、子どもは愛することを学ぶ。 認めてあげれば、子どもは自分が好きになる。 励ましてあげれば、子どもはがんばり屋になる。 分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ。 親が正直であれば、子どもは正直であることの大切さを知る。 子どもに公平であれば、子どもは正義感のある子に育つ。 やさしく思いやりをもって育てれば、子どもはやさしい子に育つ。 守ってあげれば、子どもは強い子に育つ。 和気あいあいとした家庭で育てば、子どもはこの世の中はいいところだと思えるようになる。”

   子育て真っ最中のお父さんやお母さん、その周りの方々、この詩が「子育て」の何らかのヒントになればと思っています。                          副村長:森重俊幸

  

ページトップへ