ホーム> 苗場山麓ジオパーク ジオサイト一覧> ジオサイト巡り/長瀬新田遺跡
 

 長瀬新田遺跡
 種別  文化
所在地  長野県下水内郡栄村長瀬新田 北緯/36:57:15.403513  東経/138:34:33.325930
 アクセス  栄村役場から車で約25分  
 
 見学はできませんが、実物を拡大造形したモニュメントが「道の駅・信越さかえ」で見学できます。 
 

連絡先  栄村役場 観光係   ℡025-767-2202
 (秋山支所)
栄村秋山郷観光協会   ℡0269-87-3333
長瀬新田遺跡は、志久見川左岸、標高約520mの朴ノ木坂段丘面相当に位置する縄文時代の遺跡です。本遺跡からは、約5,000年前の火焔型土器が出土しており、当時の集落が形成されていたと考えられます。さらに、この資料は、津南町の縄文時代の遺跡や文化、当時の人々との繋がりがあった事を示しています。
火焔型土器は、新潟県内の信濃川沿岸に分布する縄文土器で、その分布の南端が津南町と言われてきました。しかし、この長瀬新田遺跡出土の発見は、その分布域が志久見川を越えることを示したものです。





道の駅・信越さかえに設置されている
モニュメント
 
 


                                 
 前のジオサイトへ




   ジオサイト巡り一覧の
トップページに戻る
 
 次のジオサイトへ 

栄村役場
info@vill.sakae.nagano.jp  

〒389-2792 長野県下水内郡栄村大字北信3433番地 栄村役場 
 代表 TEL 0269-87-3111/050-3583-2111 
   FAX 0269-87-3083
観光係  TEL 025-767-2202
   FAX 025-767-2276

掲載画像や記事などの無断転載を禁じます。

 
 All Rights Reserved, Copyright© Village Sakae.