よくある質問

HOME健康・福祉障害福祉自立支援医療(精神通院医療)の申請について

自立支援医療(精神通院医療)の申請について

精神疾患(てんかん含む)で、通院による精神医療を続ける必要がある病状の方に、通院のための医療費の自己負担を軽減する制度です。

申請は担当窓口に、以下のものを提出します。1~2か月ほどで通知が届きます。自立支援医療受給者証とともに、支払いの月額上限の管理のために「自己負担額上限管理票」をもらい、診察等のたびに毎回自己負担額を記入します。

受給者証の有効期限は、原則として1年です。毎年、更新が必要です。継続して支給を希望する場合は、有効期限終了日の3か月前から更新申請の手続きができます。

申請窓口

栄村役場健康支援課 

必要書類

自立支援医療(精神通院)支給認定申請書(PDF 107KB)

自立支援医療(精神通院)診断書(PDF 109KB)(2年に1度、手帳と同時の場合は手帳用診断書で可)

○世帯全員(保険単位)の保険証の写し

○課税状況証明書(生活保護世帯の方は生活保護受給証明書)又は税務情報の閲覧及び提供に関する同意書 (PDF 32.4KB)

○世帯全員の個人番号が確認できる書類

注意事項

○1年に一度の更新手続きが必要となります(期間終了日3ヶ月前から手続きすることができます)。

○前年の住所が栄村以外の方の場合、前住所地の市民税課税内容証明書が必要になる場合があります。

○精神障害者保健福祉手帳と同時に申請する場合は、お持ちいただく書類が変わりますので、事前に上記窓口までお問い合わせください。

○病院、薬局等の登録は原則各1か所ですが、治療上やむを得ない理由がある場合に限り複数登録が認められる場合があります。申請には主治医の理由書の提出が必要ですが、県による審査で認められない場合もあります。詳しくはお問合せください。

カテゴリー

ページトップへ