よくある質問

HOME記事肺炎球菌感染症(高齢者)について

肺炎球菌感染症(高齢者)について

 接種期間

当年度の4月1日~3月31日まで

対象者

  1. 肺炎球菌ワクチン(23価)を1回も接種したことがなく、当年度に「65、70、75、80、85、90、95歳および100歳以上」となる方で希望する人
  2. 60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害(身体障害者手帳1級)を有する方で希望する方(肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがない人に限る。)

関連情報

対象の生年月日等を、お知りになりたい場合は次のリーフレットをご確認下さい。

高齢者の肺炎球菌リーフレット画像.jpg

接種回数

 1回

その他の詳細について

 当年度に対象年齢となる方には、年度初めに予診票と案内通知をお送りします。詳細はこの案内通知をご確認ください。

 対象の年齢であるのに通知が届かないといった際には、お手数ですが下記の問い合わせ先までご連絡ください。

 ※「既に肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがある方」は、定期予防接種の対象となりませんので、予診票を破棄していただくようお願いします。

関連リンク

 厚生労働省:肺炎球菌感染症(高齢者)

カテゴリー

お問い合わせ

民生課健康支援係

電話:
0269-87-3020

ページトップへ