よくある質問

HOME記事栄村教育大綱

栄村教育大綱

 この大綱は、本村の教育に関する基本的な計画として、教育、学術及び文化の振興に関する施策の取組方針について、地方教育行政の組織及び運営に関する法律に定める村長と教育委員会で構成する「総合教育会議」において協議のうえ策定したものです。

教育大綱の位置付け

 この大綱は、当村の教育行政の基本指針となるものです。第6次栄村総合振興計画(平成29年度~平成38度)における村づくりの目標を基本として、教育と文化の分野における基本目標及び重点的に取り組むべき基本施策の方向性を示しています。

教育大綱の実施期間

 この大綱は、平成29年度から平成33年度までの5年間を実施期間とします。ただし、社会情勢等の変化等により必要に応じて見直しをするものとします。

教育大綱の基本理念

 この大綱は、栄村教育基本方針に基づき、教育分野における基本目標と重点的な取組方針を定め、村民が共に学び、共に生きる力の育成と教育環境の充実をめざすことを基本理念とします。

  <栄村教育基本方針>

   1_確かな学力

    (1)社会の変化に対処できる基礎・基本を身につけること

    (2)一人ひとりの可能性を見出し、伸ばす教育活動を展開すること

    (3)自ら学び、自ら考え、主体的な判断と行動ができる資質と能力を磨くこと

   2_豊かな人間性

    (1)人と人のつながりの大切さや感謝の気持ち、他人を思いやる心を育てること

    (2)自己の気持ちを表現し、伝える力を育てること

   3_元気な体

    (1)たくましく、心身ともに元気な体をつくること

教育大綱

(1)子どもを育む

 子どもたちが、将来の環境の変化にも対応し社会的に自立した大人へと成長するよう、栄村の資源を活かして子どもたちのあらゆる可能性を引き出せる環境づくりを進めます。

 そのために、子どもを取り巻く家庭、地域、学校の連携を一段と強めていきます。

(2)地域を育む

 一人ひとりが栄村を知り、地域の一員としての意識を高めつつ、互いを尊重し合い、協力し合える、村づくりを進めます。

 村民が顔を合わせて交流を楽しむ場を大切にし、村民が主体的に活動する機運を醸成します。

(3)歴史と文化を育む

 先人がこの村で築き上げてきた歴史や遺産、暮らしの文化を敬い、技や知恵に誇りを持ち、これらを次世代へと継承します。

 

栄村教育大綱.pdf (PDF 89.7KB)

カテゴリー

ページトップへ