よくある質問

HOME記事食中毒の予防について(食品安全・家庭での衛生管理ついて)

食中毒の予防について(食品安全・家庭での衛生管理ついて)

食中毒には種類がありますが、そのなかでも衛生管理によって防げるものがあります。

夏には、細菌が繁殖しやすくなることから注意が必要です。

また冬季においてもノロウイルス等の食中毒が発生しやすくなります。

よって、四季を通して食中毒への注意が必要となります。

 

食中毒予防の3原則は「付けない、増やさない、やっつける」です。

家庭でできる食中毒予防の6つのポイントを守って、食中毒の防止に努めましょう。

6つのポイントについては、上記のリンク先でご覧ください。

 

食中毒についての、より詳しい情報については、厚生労働省の食中毒の項目をご覧ください。

カテゴリー

ページトップへ