よくある質問

HOME記事新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ

村税の徴収猶予制度のご案内

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少し、村税の納付が困難となった場合は、申請により1年間徴収の猶予を受けることができます。
  • 担保の提供は不要です。また、猶予期間中は延滞金もかかりません。
  • 猶予期間内における途中での納付や、分割納付など、事業の状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。
    ※納税義務の免除や税額の減免をするものではありません。

 (例)納期限:令和2年3月31日 → 徴収猶予できる期間:令和3年3月31日まで

対象となる方

次のいずれも満たす納税者、特別徴収義務者が対象となります。

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業や給与等の収入が前年同期に比べて概ね20パーセント以上減少していること。
  2. 一時に納付し、又は納入することが困難であること。

対象となる税目

令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する以下の村税等ほぼ全ての税

  • 村県民税
  • 軽自動車税(種別割)
  • 固定資産税
  • 国民健康保険税

申請期限

猶予を受けようとする村税の各納期限までに申請が必要です。やむを得ない理由により納期限までに申請できない場合は、下記の「問合せ先」までご連絡ください。

提出書類

 申請の際には、下記の申請書ほか、収入や現預金の状況が分かる資料等を提出していただきます。

  1. 申請書
  2. 添付書類(売上帳や現金出納帳、給与明細、預金通帳の写しなど、収入の減少等を証明する書類)

申請書の提出先・問合せ先

〒389-2792 長野県下水内郡栄村大字北信3433

栄村役場 総務課 税務係

電話 0269-87-3112

 

カテゴリー

ページトップへ