よくある質問

HOME記事軽自動車税

軽自動車税

軽自動車税は、毎年4月1日に原動機付自転車(バイク)や軽自動車、小型特殊自動車(ガートラ等)、二輪の小型自動車を所有または使用している人に課税されます。毎年6月に納付していただきます。

廃車(譲渡)手続きを忘れてしまい「すでに廃車(譲渡)したのに、納付書が届きました。」という申し出が毎年見受けられます。廃車や譲渡(名義変更)のお手続きは、確実にするようにしましょう。

◎税額について

1.原動機付自転車、軽二輪車、雪上車、二輪の小型自動車、小型特殊自動車の税率

税率について
車種 税額
平成27年度まで 平成28年度以降
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
軽二輪車(125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
二輪小型自動車(250cc超え) 4,000円 6,000円
雪上車 2,400円 3,600円
小型特殊自動車 農耕作業車 1,100円 2,000円
その他(フォークリフト等) 3,500円 5,900円

※公道を走行しない(田畑や工場内でしか使用しない)車両でも課税されます。

※現在使用していない車両でも、所有していれば課税されます。

2.三輪及び四輪以上の軽自動車の税率

税率について
車種 税額

平成27年3月31日

までの登録車

(重課対象以外)

平成27年4月1日

以降の登録車

(グリーン化特例以外)

登録後13年超

の車両

(重課税率)

三輪 3,100円 3,900円 4,600円

乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

※“登録”とは、自動車検査証の「初度検査年月」のことです。そこに記載されてある日付が基準です。

※中古車を購入された場合であっても、「初度検査年月」の日付が基準となります。

※重課税率は、電気自動車を除きます。

3.グリーン化特例(軽課)について

平成29年4月1日~平成31年3月31日までに初めて登録された軽四輪等で、排出ガス性能及び燃費性能のすぐれた車両について、軽自動車税を軽減する制度です。

平成29年4月1日~平成31年3月31日の新規登録車両の要件
対象車 内容
電気自動車・天然ガス自動車(平成21年排出ガス規制10%以上低減または平成30年排出ガス規制適合) 概ね75%軽減
ガソリン車(・ハイブリット車) 乗用 平成32年度燃費基準+30%達成車 概ね50%軽減
貨物 平成27年度燃費基準+35%達成車
乗用 平成32年度燃費基準+10%達成車 概ね25%軽減
貨物 平成27年度燃費基準+15%達成車

三輪~軽四輪車のグリーン化特例が適用されると、以下のような税額となります。ただし、新規登録の翌年度分のみの適用です。その次の年度からは通常の税額となります。

グリーン化特例適用後の税額
車種区分 税率
概ね75%軽減 概ね50%軽減 概ね25%軽減
三輪 50cc超660cc以下 1,000円 2,000円 3,000円

四輪以上

(660cc以下)

 

乗用 自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物 自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円 1,900円 2,900円

 

◎登録と廃車の手続きについて 

軽自動車の所有者となった時、主たる定置場が栄村となった時は15日以内に、また所有者でなくなった時は30日以内に、以下の関係機関まで申告してください。

  1. 原動機付自転車・小型特殊自動車の場合
    (1)申告場所:栄村役場1階窓口
    (2)届出の際は下記のものをお持ちください。
    • 登録の場合:印鑑、車台番号、車名、型式、年式がわかるもの
    • 廃車の場合:印鑑、ナンバープレート
  2. 軽自動車・二輪の小型自動車の場合
    下記の関係機関で手続きをしてください。
    (1)三輪、四輪:軽自動車検査協会長野事務所
    (長野市西和田1丁目38-1 電話:050-3816-1854)
    (2)二輪の小型自動車:北陸信越運輸局長野運輸支局
    (長野市西和田1丁目35-4 電話:050-5540-2042)
    (3)軽二輪:長野県軽自動車協会
    (長野市西和田1丁目35-1 電話:026-243-1967)

カテゴリー

ページトップへ