よくある質問

HOME健康・福祉予防接種予防接種の種類とスケジュール

予防接種の種類とスケジュール

予防接種別対象年齢及び接種方法

栄村では、対象者の年齢に応じて栄村診療所で実施しています。なるべく早い時期に接種を受けるように心がけましょう。

個別接種で行う予防接種

生後2か月~2歳に至るまで

集団接種で行う予防接種

2歳に至った日から

※上記接種については参考であり、接種方法については記載と異なる場合があります。

1.Hib(インフルエンザ菌b型)

対象年齢

生後2か月~5歳未満

実施方法

栄村診療所で個別接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

1回目接種時の年齢(月齢)によって接種回数が異なります。
各年齢(月齢)での接種スケジュールは次のとおりです。

  1. 生後2か月以上7か月未満で接種を始めるお子さんの場合
    27日(医師が必要と認めた場合は20日)から56日の間隔で1歳になるまでに3回、3回目終了後7か月から13か月の間に1回接種
  2. 生後7か月以上 1歳未満で接種を始めるお子さんの場合
    27日(医師が必要と認めた場合は20日)から56日の間隔で1歳になるまでに2回、2回目終了後7か月から13か月の間に1回接種
  3. 1歳以上5歳未満で接種を始めるお子さんの場合
    1回接種

予診票について、お手元にない場合は、お手数ですが母子健康手帳をお持ちの上、役場健康支援課健康増進係にお越しください。必要部数の予診票をお渡しさせていただきます。

2.小児用肺炎球菌

平成25年11月1日から、小児用肺炎球菌予防接種に使用するワクチンが「7価ワクチン」から『13価ワクチン』に変わりました。7価ワクチンで接種を開始し、まだ接種が完了していない場合は、残りの接種回数を13価ワクチンで接種するようになります。

対象年齢

生後2か月~5歳未満

実施方法

栄村診療所での個別接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

1回目接種時の年齢(月齢)によって接種回数が異なります。
各年齢(月齢)での接種スケジュールは次のとおりです。

  1. 生後2か月以上7か月未満で接種を始めるお子さんの場合
    27日以上の間隔で1歳になるまでに3回、3回目終了後60日以上の間隔で1歳以降に1回接種(標準的な時期として、生後12か月(1歳)~15か月の間)
  2. 生後7か月以上1歳未満で接種を始めるお子さんの場合
    27日以上の間隔で1歳1か月になるまでに2回、2回目終了後60日以上の間隔で1歳以降に1回接種
  3. 1歳以上2歳未満で接種を始めるお子さんの場合
    60日以上の間隔で2回接種
  4. 2歳以上5歳未満で接種を始めるお子さんの場合
    1回接種

予診票について、お手元にない場合は、お手数ですが母子健康手帳をお持ちの上、役場健康支援課健康増進係にお越しください。必要部数の予診票をお渡しさせていただきます。

3.ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ

第1期の接種では、これまでの接種歴に応じて、3種類のワクチンの中から接種するワクチンを選択するようになります。なお、ワクチンの詳細については、各項目をご覧ください。

接種するワクチン詳細
対象年齢 過去の接種歴 使用するワクチン
【第1期】
生後3か月

7歳6か月
未満
DPTワクチン未接種かつポリオワクチン未接種 DPT-IPV(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
DPTワクチン、ポリオワクチン(生ワクチンも含
む)の接種を別々に開始している
DPT(ジフテリア・百日せき・破傷風)

IPV(ポリオ)
【第2期】
11歳

13歳未満
第1期の接種が済んでいる DT(ジフテリア・破傷風)

3-(1)DPT-IPV(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

平成24年11月1日から、DPT-IPV(これまでのDPTとIPVを混合したワクチン)が定期予防接種として始まりました。
原則、平成24年11月1日以降に生後3か月となるお子さん(平成24年8月以降生まれ)が対象となります。

対象年齢

生後3か月~7歳6か月未満

実施方法

栄村診療所での個別接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

合計4回
20日~56日の間隔で3回、3回目終了後12~18か月の間に1回接種
予診票について、お手元にない場合は、お手数ですが母子健康手帳をお持ちの上、役場健康支援課健康増進係にお越しください。必要部数の予診票をお渡しさせていただきます。

3-(2)DPT(ジフテリア・百日せき・破傷風)

対象年齢

生後3か月~7歳6か月未満

実施方法

栄村診療所での個別接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

合計4回
20日~56日の間隔で3回、3回目終了後12~18か月の間に1回接種

3-(3)IPV(ポリオ)

対象年齢

生後3か月~7歳6か月未満

実施方法

栄村診療所での個別接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

合計4回
20日~56日の間隔で3回、3回目終了後12~18か月の間に1回接種
平成24年8月31日までのポリオワクチン接種歴により、平成24年9月からの不活化ポリオワクチンの接種回数が異なります。詳しくは「接種スケジュール」をご覧ください。

4.BCG(結核)

対象年齢

生後3か月~1歳未満

実施方法

栄村診療所での個別接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

1回
予診票について、お手元にない場合は、お手数ですが母子健康手帳をお持ちの上、役場健康支援課健康増進係にお越しください。必要部数の予診票をお渡しさせていただきます。

5.MR(麻しん・風しん)

対象年齢

  1. 第1期:1歳~2歳未満
  2. 第2期:小学校就学前1年の間(幼稚園または保育園の年長相当)

実施方法

第1期接種については栄村診療所での個別接種
第2期接種については栄村診療所での集団接種
※1期接種についてはワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

各期に1回
※麻しん・風しん混合ワクチンを接種するか、希望により麻しん、風しんそれぞれの単独ワクチンを接種することもできます。単独ワクチンを希望する場合は、医療機関で取り扱っているか事前にご確認ください。
1期接種について予診票について、お手元にない場合は、お手数ですが母子健康手帳をお持ちの上、役場健康支援課健康増進係にお越しください。必要部数の予診票をお渡しさせていただきます。
2期の接種については接種予定日までに各対象者にお送りします

6.日本脳炎

日本脳炎定期予防接種対象者拡大について

平成17年5月より厚生労働省からの勧告により、接種を見合わせていましたが、新ワクチン「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」の取り扱いが開始になったことを受け、厚生労働省からの通知に基づき、平成22年度から接種を再開しました。
国からの通知に基づき、従来の対象年齢である第1期(3歳以上7歳6か月未満)及び第2期(9歳以上13歳未満)に加え、今まで対象年齢となっていなかった7歳6か月以上9歳未満及び13歳以上20歳未満の方(ただし、平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれた方が対象で、20歳の誕生日の前日まで接種を受けることが可能)についても、日本脳炎第1期の不足回数分及び第2期分についても接種を受けることが可能となりました。(ただし、第2期分は9歳を過ぎてからの接種となります。)

対象年齢及び接種方法

日本脳炎ワクチン
  対象年齢 接種方法
第1期 3歳から7歳6か月未満
  • 6日から28日の間隔で2回接種(標準的な接種時期:3歳)
  • 2回目終了後、おおむね1年あけて1回接種(標準的な接種時期:4歳)
第2期 9歳から13歳未満
  • 対象年齢内で1回接種(標準的な接種時期:9歳)
特例措置 平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれた方

平成17年の勧奨差し控えにより接種機会を逃した方について、上記の第1期及び第2期の接種方法で接種できなかった場合は、次のとおり接種を受けることもできます。(20歳の誕生日の前日まで接種を受けることが可能です。)

  1. 第1期をまったく接種していない場合
    第1期の不足分3回について、初回の2回分を6日から28日までの間隔をあけて接種し、その後おおむね1年後に1回追加接種。引き続き、9歳を過ぎてから第2期として1回接種する。
  2. 第1期初回1回のみ接種が済んでいる場合
    既に接種済みの1回目と6日以上の間隔をおいて、第1期不足分2回について、6日以上の間隔をおいて接種。引き続き9歳を過ぎてから第2期として1回接種する。
  3. 第1期初回2回の接種が済んでいる場合
    既に接種済みの2回目と6日以上の間隔をおいて、第1期不足分1回を接種。引き続き9歳を過ぎてから第2期として1回接種する。
  4. 第1期3回の接種が済んでいる場合
    既に接種済みの3回目と6日以上の間隔をおいて、9歳を過ぎてから第2期として1回接種する。

※上記の1~4について第2期の接種を受ける場合、予防接種制度上は第1期接種終了後6日以上の間隔をあければ接種を受けることができますが、免疫獲得の効果をあげるためには、第1期接種終了後おおむね5年の間隔をあけて接種することが望ましいとされています。
なお、第1期初回1回目と2回目の間隔が5年以上あいている場合は、第1期接種終了後、おおむね1年の間隔で接種を受けることが望ましい。

※すでに第1期3回と第2期1回の接種が済んでいる方は、改めて接種を受ける必要はありません。なお、規定の回数を超えた場合は、自己負担となります。

実施方法

栄村診療所での集団接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。
予診票については接種予定日までに各対象者にお送りします。

7.子宮頸がん

子宮頸がんワクチンについては接種後に重篤な副反応が出現する可能性があり現在では接種勧奨を行っていません。
但し、接種を希望される対象者については従前どおり定期の接種を受けることができますので、役場健康支援課健康増進係までお問い合わせください。

3-(4)DT(ジフテリア・破傷風)

対象年齢

11歳~13歳未満

実施方法

栄村診療所での集団接種
※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。

接種回数

1回
予診票は接種予定日までに各対象者にお送りします

カテゴリー

ページトップへ