よくある質問

HOME記事栄村空き家バンクの運用を開始しました。

栄村空き家バンクの運用を開始しました。

   栄村では、若年層の都市への流出や少子高齢化の進展等により、人口の減少が進んでおり、それに伴い、村内の空き家等が年々増加しています。移住等を希望する方に村内の空き家等の情報を提供し、居住可能な空き家等を有効活用することにより、村内への移住及び定住を促進させるとともに地域の活性化を図るため、「栄村空き家バンク」(栄村空き家情報登録制度)の運用を開始しました。
   「栄村空き家バンク」では、村内において使用されていない住宅・宅地等の情報を所有者等の方に登録いただき、村内の空き家等の購入又は賃借を希望する方に対し、登録されている空き家等の情報を提供する制度です。

   ■栄村空き家情報登録制度要綱.pdf (140KB)

   ■空き家等の情報は、こちらをご覧ください。(現在、登録されている空き家等の情報はありません。村内の空き家等に関する情報等については下記の担当課までお問い合わせください。)

 

栄村に空き家等を所有等されている皆様へ

    空き家となっている住宅を放置しておくと、建物の破損や倒壊により周囲に危険を及ぼす恐れがあるほか、景観や住環境の悪化にも繋がります。空き家等を所有等されている方は、空き家等について適正な管理を継続して行っていただくとともに、使用可能な空き家等を売却又は賃貸したいとお考えの方は、空き家等に関する情報の提供及び空き家バンクへの登録についてご協力をお願いします。また、空き家等についてご相談等がある方は、下記の担当課までご連絡ください。

 

栄村に移住等を希望される皆様へ

    栄村は豊かな自然と温泉資源に恵まれ、首都圏からも新幹線、高速道路などを利用すれば、ごく短時間で訪れることのできる魅力あふれる村で、長野県の最北端に位置しており日本有数の豪雪地としても知られています。村内に31の集落が点在していることから、集落ごとに地域の皆様が地区内の道路除雪や環境美化活動等に取り組まれており、こうした活動が地域の維持に繋がっています。栄村に移住等をされる場合には、地区内の道路除雪作業をはじめ、集落における普請(草刈り、水路の泥上げ等)やお祭り、公民館や消防団といった様々な活動についてご理解いただき、地域を一緒に支えるために積極的に地域活動にご参加いただきますようお願いします。

         志久見集落の花見     栄村の夏景色     実りの秋     棚田の冬景色 

  栄村の四季(春・志久見集落の花見/夏・栄スキー場からの夏景色/秋・実りの秋 月岡集落/冬・棚田の冬景色 野田沢集落) 

                                                                            

空き家バンク利用方法 (空き家バンク制度の流れはこちら (PDF 105KB)をご覧ください。)  

1.賃貸・売却希望物件の登録

   空き家等の売却又は賃貸を希望される方は、登録申込書及び登録カードを担当課に提出してください。

2.現地確認

   村担当者及び(一社)長野県宅地建物取引協会長野支部飯山地区協議会担当者が、所有者又は管理者とともに空き家等の現地調査を行い、空き家バンクに登録が可能な物件か確認させていただきます。

3.空き家等の情報提供

   現地調査等による空き家等の状況確認の結果、空き家バンクに登録することが適正であると認められた物件の所有者等は、(一社)長野県宅地建物取引業協会長野支部飯山地区協議会会員と媒介等の契約を締結していただきます。契約締結後、村のホームページ等により空き家等に係る情報を紹介させていただきます。

4.空き家等の利用を希望する方の登録

   村内の空き家等を購入又は賃借したい方は、最初に利用登録申込書を担当課に提出してください。また、利用登録完了後、空き家バンクに登録されている空き家等で購入又は賃借したい物件があった場合には、利用申込書及び誓約書を担当課へ提出してください。

5.売買又は賃貸借の交渉及び契約

   空き家バンクに登録されている空き家等について利用希望の申し込みがあった場合には、村が空き家等の所有者等へ連絡し、(一社)長野県宅地建物取引業協会長野支部飯山地区協議会会員の媒介により 、空き家等の売買又は賃貸借について交渉していただくこととなります。なお、売却又は賃貸借の契約が成立した場合には、空き家等の所有者等は宅地建物取引業法に基づき、媒介業者に対し媒介等に係る報酬をお支払いいただきます。

6.注意事項

(1)  村は、売買又は賃貸借の仲介は一切行いません。契約交渉は、(一社)長野県宅地建物取引業協会長野支部飯山地区協議会会員に媒介を依頼することとなります。このため、交渉時のトラブルや交渉の結果について村は一切責任を負いませんので、ご承知願います。

(2)  空き家等の所有者等に利用希望者の情報を提供し、所有者等の了解が得られた場合のみ、利用希望者に対し空き家等に係る詳細な情報を提供させていただきますので、回答に時間を要する場合や、都合により希望する物件の情報を提供できない場合もありますのでご了承ください。また、空き家等の情報については、所有者等から提供された情報を掲載していますが、利用希望者は必ず現地で空き家等の状態等を確認してください。

 

村内に空き家等を所有し、空き家バンクへ空き家等の情報を登録したい方

   空き家バンクに登録し、空き家等の情報を村のホームページ等で紹介したい方は、以下の書類に必要事項を記入し、担当課まで提出してください。

  ■「空き家バンク」登録申込書(様式第1号).doc (24KB)

  ■「空き家バンク」登録カード(様式第2号).doc (63.5KB)【建物及び宅地の登記簿謄本を添付】

  ■「空き家バンク」登録変更届書(様式第4号).doc (26.5KB)【登録されている建物又は宅地の登録事項を変更する場合】

  ■「空き家バンク」登録取消し願い書(様式第5号).doc (26.5KB)【登録台帳から削除する場合】

 

空き家バンクに登録されている空き家等の利用を希望される方

   空き家バンクに登録されている空き家等について、購入又は賃借したい方は、以下の書類に必要事項を記入し、担当課まで提出してください。

   ■「空き家バンク」利用登録申込書(様式第7号).doc (23.5KB)

   ■「空き家バンク」利用申込書(様式第11号).doc (28KB)【利用登録後、購入又は賃借を希望する物件がある場合】

   ■「空き家バンク」誓約書(様式第12号).doc (27KB)【利用登録後、購入又は賃借を希望する物件がある場合】

   ■「空き家バンク」利用登録変更届書(様式第9号).doc (27KB)【利用登録者の登録事項を変更する場合】

  

住宅の取得及び改修に要する費用に対する支援制度

栄村若者定住マイホーム支援事業補助金

   村では村内に居住する若者及び村外から定住を目的に移住する若者のマイホーム取得を推進するため、その費用の一部について、予算の範囲内で補助金を交付しています。

     《新築補助》  400 万円以上の建築費に対して200 万円を補助(年齢制限あり)

     《中古住宅取得補助》  200 万円以上の取得費に対して100 万円を補助(年齢制限あり)

       ■栄村若者定住マイホーム支援事業補助金交付要綱.pdf (450KB)

 

栄村住宅リフォーム支援事業補助金

   村では住環境の整備及び地域経済活性化のため、村内業者の施工による住宅リフォームに要する費用に対し、予算の範囲内で補助金を交付しています。

      《リフォーム補助》  村内業者を利用して50 万円以上のリフォームをした場合10 万円を補助

       ■栄村住宅リフォーム支援事業補助金交付要綱.pdf (391KB)

 

カテゴリー

ページトップへ