イベント情報

よくある質問

HOME村政情報施策・計画直営道路改良(道直し)事業

直営道路改良(道直し)事業

道直し事業のねらい

  1. 地区内道路を中心に村単独で改良を行います。
  2. 冬期間における地区内の交通確保が重要な課題(高齢化が進み個人での道踏みが困難なため)で、地区内道を機械除雪が行える最低3.5m以上の幅員とします。
    ※「道路踏み」は、歩道に多量の降雪があった場合、歩行が出来なくなることから、あらかじめ雪を踏み固めておく作業
  3. 可及的速やかに多くの道路を整備する必要があるため、住民と協働し、実施

事業の進め方

事業実施前の写真
事業実施前
施工中の写真
施工中
完成した道路の写真
完成した道路

  1. 各集落から役場への路線の改良要望提出
  2. 道路線形の概略、土地交渉等については事前に各集落で行います。
  3. 3カ年の村実施計画で優先順位を決定します。
  4. 工事着手前の現地調査、施工方法についての協議を地主、関係者、村で行います。
  5. 工事に着手します。
  6. 工事が完了したら、道路と民地の境を地主立ち会いで確認し、杭打ちを行い、測量後用地買収を行います。
  7. 工事費を精算し、地元負担金を算出、徴収(賃金を除く35%)します。
  • 役場所有の主な機械
    ミニバック1台、0.4級バックホー1台、2トンダンプ2台
    振動ローラー1台、溶接機1台

道直し作業員概要

  • 2名の臨時職員で編成する作業班が現場で作業を行います。
  • 産業建設課の担当職員は、現場指導、原材料代、用地代の支払いや地元負担金の徴収等にかかる事務を行います。
  • 作業班は、道直しのほかに田直し、除雪オペレーター、水道修理、道水路の維持管理も行っています。

カテゴリー

ページトップへ